着崩れ対策

着崩れない3つのポイント

1.座るとき

袴のスリット部分から後ろ側に両手を入れ、少し持ち上げるようにしてから座ります。
普段と同じようにそのまま座ってしまうと、袴が引っ張られて下がってしまいます。
スリット部分から後ろ側に両手を入れ、少し持ち上げるようにしてから座るイメージそのまま座ってしまうと、袴が引っ張られて下がってしまうイメージ

2.階段を昇るとき

袴のスリット部分から前側に両手を入れ、階段で裾をすらないよう持ち上げます。
袴の裾を踏んでしまうと転んでしまったりするので危険です。
階段で裾をすらないよう持ち上げるイメージ裾を踏んでしまうと転んでしまったりするので危険

3.階段を降りるとき

袴のスリット部分から後ろ側に両手を入れ、階段で後ろの裾をすらないよう持ち上げます。
袴の裾をすってしまうと、汚れがついてしまい、見栄えが悪くなってしまいます。注意しましょう。
階段で後ろの裾をすらないよう持ち上げるイメージ裾をすってしまうと、汚れがついてしまい、見栄えが悪くなってしまうイメージ

このサイトの料金は会員登録料を除き全て税抜表記となります。 別途消費税を請求させて頂きます。

PLAN女性 卒業袴レンタル男性 紋付袴レンタル
小物レンタル
フォトプランCOLLECTION女性 卒業袴ラインナップ男性紋付袴ラインナップ HAKAMA MASTERおすすめコーディネート
着付け小物早わかり表
着崩れ対策
OTHER CONTENTS
店舗情報
TOPページへ戻る